ご報告✨

今日は皆様にご報告があります!

少し長いのですが読んでいただけると
嬉しいです😌✨

 

私はもともとキャバ嬢です。
今もキャバ嬢だけど、24歳のバースデを最後にキャバクラだけに専念するのではなく、
モデルや他の仕事もしていきたいと思うようになりました。

 

そのきっかけを与えてくれたのが
小悪魔agehaという雑誌です。

 

23歳で初めて出させてもらった頃は、
キャバ嬢だけを頑張ろうと思っていて、
モデルじゃないからキャバクラの営業のプラスになればいいなと思う位だったけど、
今やっているエミリアウィズやメゾンドボーテ、TVやラジオなどその他の仕事をするきっかけを与えてくれた雑誌です。

 

 

今、小悪魔agehaという雑誌がagehaに名前が変わったと言ったり、
小悪魔agehaが復活と言ったり。。。
よく分からない状況になっています。

 

小悪魔agehaという雑誌は
私の人生を変えてくれた雑誌です。
見てくださる方も大勢居るし、
お世話になった小悪魔agehaという名前は
守っていきたいと思っているので、
私の言葉でちゃんと説明したいなと思いました。

 

 

他の人のSNSで知った人も多いと思いますが、

実は今、小悪魔ageha、姉ageha、agehaと3つのagehaという雑誌があります。

 

もともと私が小悪魔agehaに加入する前から小悪魔ageha、姉agehaという2つの雑誌が当時の出版社であるインフォレストから発売されていて、
通称agehaと呼ばれる雑誌はこの2つしかありませんでした。

 

その後、発売元のインフォレストという会社が突然倒産。
雑誌が出せなくなったと知った時、
当時の編集部の人と泣きながら電話で話しました。
編集部もモデルもみんな小悪魔agehaという雑誌が大好きで、
その想いが溢れていた麹町のスタジオがすごく懐かしいです。

 

ただ、この倒産は会社が倒産しただけで小悪魔ageha自体が売れずに赤字になっていたわけではなくて、会社自体の経営が成り立たなくなった事が原因です。
だから、雑誌が売れないと言われる中でも、
小悪魔agehaと姉agehaという雑誌はそれぞれ会社を変えて復活してきました。

 

その会社がダナリーデラックスとメディアスという会社です。

 

一度会社が倒産して、休刊した小悪魔agehaは
ダナリーデラックスという会社から、
姉agehaはメディアスという会社からそれぞれ復刊し、
私も新しい編集部にお世話になる事になりました。

 

この2つの雑誌の名前はそれぞれインフォレスト時代から引き継がれた名前で、
権利を持つ人からそれぞれの会社が名前を借りて発行しています。
だからこの名前は正当性のある名前で、みなさんも私達もインフォレスト時代から親しんできたagehaと呼ばれる雑誌と同じです。

 

そんな中、もともとの小悪魔agehaの権利を持つ会社と名前を借りているダナリーデラックスの間の契約が終了して小悪魔agehaは二度目の休刊、ダナリーデラックスは新しくagehaという雑誌を発行する事になりました。
だからこのagehaという雑誌は小悪魔agehaとは関係の無い新しい雑誌になります。

 

そして二度の休刊を経験した小悪魔agehaは新しくvenusという会社から12月に復刊する事になりました。

 

それまでも色々と噂はありましたが、
私が直接話を聞いたのは先月の事。

 

 

新しくvenusという会社から小悪魔agehaが出ることも、
ダナリーデラックスが発行する小悪魔agehaがagehaに名前が変わる理由も知らず、
何も聞いていない私は小悪魔agehaからagehaと名前の変わったという雑誌にも先月号まで出ていました。

 

 

私は新雑誌agehaに出ることはありません。

 

私が出るのは小悪魔ageha。

 

今まで一緒に雑誌を作ってきたダナリーデラックスとは離れることになりますが、
こんな時代に2年間も雑誌を出し続けてくれた前小悪魔ageha編集部には大変感謝しています。
ぜひ新雑誌agehaも頑張ってもらいたいです。

 

だけど、私はもともとキャバ嬢で、小悪魔agehaという雑誌のお陰で今があります。
だから、今も昔も出演する雑誌は小悪魔agehaです。

 

 

長くなりましたが
これからも小悪魔ageha
よろしくお願いします😌✨

カテゴリー: 小悪魔ageha・撮影   パーマリンク